ブリヂストンは、タイの子会社タイ・ブリヂストンが、第2工場であるノンケー工場を拡張し、乗用車用ラジアルタイヤと小型トラック用ラジアルタイヤの生産能力を増強する。

タイ国内の自動車生産台数は好調に推移しており、タイヤの需要も好調に推移している。このため、生産能力を増強して需要の増加に対応する。

総投資額は約213億円で、2014年中に乗用車用・小型トラック用タイヤの生産能力を日産約1万3500本増強し、工場の生産能力を日産約5万本に引き上げる。

ノンケー工場は1995年から操業を開始した。タイ国内にタイヤを供給するとともに、日本を含むアジア諸国、北米、欧州などにも輸出している。

同工場は現在、生産能力を増強しており、2011年までに日産能力を約6000本増強する予定。将来的なグローバルでの需要増に対応するためには、さらなる能力の増強が必要と判断した。