新日本製鐵は、10月1日付けで、技術総括部と技術協力部を統合する組織改正を実施すると発表した。

製鉄事業の本格的なグローバル展開に向け技術部門の対応力を強化するとともに、業務運営の効率化を目的に、技術協力部を技術総括部と統合して、新「技術総括部」に技術協力機能を位置づける。

また「ウジミナスプロジェクト班」を新設する。同社とウジミナスの各種連携・支援策、ウジミナスとの合弁事業についてのプロジェクト全体の一元的な企画・調整、円滑な施策推進、現地派遣者に対するサポートを強化するのが狙い。