12日、京都、嵐山・高雄パークウエイ小倉山展望台駐車場

36回目を迎える『高雄サンデーミーティング』が12日、京都嵐山の嵐山・高雄パークウエイ小倉山展望台駐車場にて開催された。主催は高雄サンデーミーティング事務局。

京都及び、関西方面の旧車好きにとっては、ほぼ毎月の楽しみとなりつつある高雄サンデーミーティングだが、今回は8月の夏休みを経て、1か月ぶりの開催となった。今月のテーマは“箱車特集”。残暑が厳しい中、そのテーマ車両を中心に130台近い参加車があり、会場は盛況を極めた。

テーマとなる“箱車”とはセダン系のボディタイプを指し、例えば羊の皮を被った狼と例えられたロータス『コンサル・コーティナ』や、その日本版ともいえる日産『スカイライン2000GT-B』、また、優雅なサルーンの代表として、デイムラー『V8』やローバー『3500』等の参加があった。珍しいところでは、日野『コンテッサ900』という、現在はトラックメーカーの日野が1960年代に生産していた乗用車「コンテッサ」の4ドアセダンが顔を見せた。

次回の高雄サンデーミーティングは『4me Alpine et Gordini〜TAKAO de TSM 37e』と題し、第4回アルピーヌ&ゴルディーニ特集となり、10月18〜19日に2日間の開催。初日の場所は比叡山ドライブウエイでのジムカーナが中心。2日目は嵐山・高雄パークウエイから日吉ダム(京都府南丹市)までのツーリングが予定されている。主催者は、日本のアルピーヌやゴルディーニフリークが一堂に会する場に成長して来たと語った。

ロータス・コンサル・コーティナ スカイライン2000GT-B デイムラーV8 ローバー3500 日野コンテッサ900 ダイハツ・コンパーノ・スパイダー イタリアの箱といえばアルファロメオ・ジュリア・スーパー ドイツ車の代表BMW2002 フィアット500とその兄弟車も多数参加。右端はイギリスのキットカー、バークレー オースティンA35をレース仕様にモディファイ 今回はモーガンカークラブ関西からの参加もあった