9日夕方、佐賀県唐津市内にある自動車教習所で、場内のコースを走行していた大型バイクが路外に逸脱。フェンスに衝突する事故が起きた。この事故でバイクは転倒。教習を受けていた62歳の男性が路上に投げ出され、収容先の病院で死亡している。

佐賀県警・唐津署によると、男性は単独走行していたが、右カーブで曲がりきれずに路外へ逸脱。加速しながら金属製のフェンスに衝突した。

衝突によってバイクは転倒。男性は路上へ投げ出された際に全身を強打。近くの病院に収容されたが、出血性ショックなどが原因で約2時間30分後に死亡しいる。

現場は唐津市松南町付近。警察の調べに対し、教習所の関係者は「凹凸がある路面でハンドルを取られ、慌てて加速したのかもしれない」などと説明していたという。警察では教習方法に問題がなかったかどうかについても調べを進める方針だ。