昨年7月に岩手県奥州市内で同乗者を死亡させる事故を起こし、この同乗者に罪を被せたまま1年に渡って逃走したとして、自動車運転過失致死罪に問われている21歳の男に対する判決公判が9日、盛岡地裁で開かれた。裁判所は実刑を命じている。

起訴状によると、問題の事故は2009年7月5日未明に発生した。奥州市胆沢区小山菅谷地付近の市道を走行していた軽乗用車が路外に逸脱。道路左側に設置されていたコンクリート製の貯水槽に衝突した。

クルマは大破し、乗っていた22歳の女性が死亡。軽傷を負っていた被告の男は「自分が助手席に乗っていた」と主張していたが、クルマは助手席側の損傷がひどく、仮に男が助手席に同乗していた場合には自力脱出が不可能に近いことが判明。警察は「実際には男が運転していた」と断定したが、男は聴取前に失踪した。

このため、警察が指名手配して行方を探していたところ、今年6月に大阪で発見。自動車運転過失致死容疑で逮捕。後に検察が同罪で起訴していた。その後の調べで飲酒運転の発覚を恐れて虚偽の申告を行っていたことが判明している。

9日に開かれた判決公判で、盛岡地裁の横山浩典裁判官は「被告は多量の酒を飲んでいたにもかかわらずクルマを運転し、結果として同乗者の命を失わせる重大な事故を起こした」と指摘した。

その上で裁判官は「飲酒運転の発覚を恐れて虚偽の申告を行い、それが発覚すると今度は逮捕を恐れて逃亡した。被告に反省している様子を感じることはできない」として、被告に対して懲役2年6か月の実刑を命じている。