8日午前8時30分ごろ、山形県遊佐町内の町道を走行していた乗用車が対向車線側へ逸脱。そのまま道路右側の水田に転落する事故が起きた。運転していた警官の男性が収容先の病院で死亡。体調不良を訴え、休んでいたという。

山形県警・酒田署によると、クルマは斜行しながら対向車線側へ逸脱。そのまま道路右側の水田に転落した。

クルマは中破。運転していた男性は近くの病院に収容されたが、約2時間後に意識を回復しないまま死亡。後の調べで、同署地域課に所属する59歳の警官と判明している。

現場は遊佐町庄泉付近で、片側1車線の直線区間。現場にブレーキ痕は無かった。男性は胸部の痛みを訴えて仕事を休み、酒田市内にある病院に向かう途中だった。警察では男性が疾病を原因として運転中に意識を失い、事故に至った可能性が高いとみている。