イメージ

8日午前2時30分ごろ、千葉県銚子市内の国道126号を走行中のワゴン車が蛇行を繰り返した後に横転する事故が起きた。この事故でワゴン車の屋根部に乗っていたとみられる男性1人が死亡。運転者を含む7人も重軽傷を負っている。

千葉県警・銚子署によると、ワゴン車は屋根部に4人を乗せた状態で激しい蛇行を繰り返したが、バランスを崩して横転。この際に降り落とされた19歳の少年が全身強打でまもなく死亡。他の3人が骨折などの重傷。車内にいた運転手を含む3人も打撲などの軽傷を負った。

クルマを運転していた同市内に在住する19歳の少年からは酒気帯び相当量のアルコール分を検出。飲酒の事実を大筋で認めたことから、自動車運転過失致死傷と道路交通法違反(酒気帯び運転)の現行犯で逮捕している。

現場は銚子市清川町4丁目付近で、片側1車線の直線区間。調べに対して少年は「ふざけて蛇行を繰り返していたが、いきなり倒れた」などと供述しているようだ。警察では危険運転容疑の適用も視野に入れ、飲酒量の特定を進める方針だ。