イメージ

7日午後11時20分ごろ、富山県富山市内の市道を走行中の乗用車が対向車線側へ逸脱。そのまま道路右側の街路樹に衝突する事故が起きた。クルマは大破。乗っていた3人が死傷。警察は運転していた19歳の少年を逮捕している。

富山県警・富山南署によると、クルマはカーブを進行中に速度を保ったまま対向車線側へ逸脱。道路右側の街路樹に激突した。

衝突によってクルマは大破。助手席に同乗していた19歳の女性が胸部強打でほぼ即死の状態。男性2人は車外に投げ出された。このうち後部座席に同乗していた19歳の男性が骨折などの重傷。運転していた19歳の少年も打撲などの軽傷を負っている。

運転していた19歳の少年からは酒気帯び相当量のアルコール分を検出しており、警察は自動車運転過失致死傷と道路交通法違反(酒気帯び運転)容疑で逮捕している。

現場は富山市東黒牧付近で、片側1車線。クルマの進行方向に緩やかな右カーブとなっている。調べに対して少年は「近くの友人宅で酒を飲んでいたが、コンビニエンスストアまで買い出しに行こうとしていた」などと供述しているようだ。警察では飲酒した場所や量の特定を進める方針だ。