武藤英紀選手

アメリカ発祥のモータースポーツ「インディカー」が今年も日本にやってくる。9月17日〜19日にツインリンクもてぎで開催される「インディジャパン300マイル」の注目は、3人の日本人ドライバーの参戦だ。

母国戦を前に、インディ参戦3年目、日本人最高2位の記録を持つ武藤英紀選手、そして緊急スポット参戦が決まったロジャー安川選手に独占インタビューを実施。日本戦での見どころ、意気込みを語ってもらった。


◆武藤選手、今シーズンを振り返って

インディ参戦3年目の今年、チームが変わって(アンドレッティ・レーシングからニューマンハース・レーシングへ移籍)体制も違うし、しかも当初はチームメイトが居る筈だったものが1台体制でシーズンをスタートさせることになったこともあり、シーズン初めの頃は不安があったのは事実です。

シーズンが進むにつれてチームの事も理解できたし、ロードコースでは充分に速かった。オーバルでも結果が出そうなレースもあって、手応えをつかみかけているんだけれど、何かが上手くいかなくて、結果に結びつけることができずもどかしい、というのが正直な今の気持ちです。

でも、シーズン途中でグラハム(レイホール)が加わってチームの状態が良い方向に向ってきているし、もうひとつエンジニアが変わったんですが、この新しいブルーノというエンジニアとのコンビネーションが上手くいっているのは自分の中では大きな明るい材料です。ブルーノはモチベーションが高くて情熱的。感覚的に自分と似た部分があって、お互いの意見も忌憚なく言いあえる関係です。まだ結果には結び付いていないけれど、新しい良い兆しが見えてきました。


◆日本で最速かつ最も熱いレースになる! もてぎの見所

次のレースはいよいよ日本戦。実はツインリングもてぎは、他のどのオーバルとも比べられない特殊なコースなんです。バンク角も浅く、難易度が高い。実際に走る前にいろいろ考えたところで、どうにかなるものでもないので、すべてはまず走ってみてからですが、チームは去年もてぎ戦で3位、4位だったので、相性は悪くないのかなと期待しています。

オーバル戦では燃費が重要なかぎを握るんですが、もてぎではターン3 - 4でアクセルを戻して走行することになるので、そこで燃費をセーブしたり、チームごとに様々なストラテジーを組んで挑みます。ピットタイミングで逆転という場面もあるし、少しでも目を離すと展開ががらりと変わっていたりするので、ドライバーやチームだけでなく、応援してくださる方もスタートからチェッカードまで緊張の連続になるかもしれません。

コースの特性から、あるいは米国内でのレースに比べるとサイド・バイ・サイド、3ワイドという展開は少ないかもしれませんが、日本で見られる最速かつ最も熱いレースになることは間違いなし。日本の皆さんにもそこを見てほしいし、是非この迫力を堪能してほしいと思います。


◆「楽しむ」がテーマ…日本戦への意気込み

もてぎに向けての自分のテーマは「楽しむ」です。本当は「優勝します」と約束したいところだけれど、レースはステップを踏んでいくものだから…コンペティションが激しいシリーズなので、そう簡単には勝たせてはもらえないと思います。でも良い走りをお見せして、結果優勝できたら最高ですね。

日本戦ということでかなり力が入ってしまっているのは事実ですが、気負い過ぎることなく、応援してくださる方とみんなで盛り上がれるようなレースにしたいと思っています。

インディはドライバーもみんなフレンドリーです。交流イベントが沢山企画されていてファンの皆さんと近い距離で接する機会も多いですし、パドックでもセッションの前後はミーティング等もあり時間に追われていたり、走ることで頭が一杯なのでゆっくりお話することが出来ないこともあるとは思いますが、気軽に声をかけてください。


◆ロジャー安川選手「みんなで盛り上がりましょう!」

直前での参戦表明になりましたが、自分にとって6回目、3年連続でインディ・ジャパンで走れることができて、本当に、本当に嬉しいです。昨年はメカニカルトラブルで残念な結果に終わりましたが、今年はトラブル無しで最後まで走り切り、結果を残したいと思っています。

もてぎでの楽しみ方は人それぞれだと思いますが、特定のドライバーを応援するとより一層楽しめるかも。そしてみんなで一緒に楽しむのが最高の過ごし方だと思います。現場ではいろいろなイベントが企画されているので、どんどん参加していただき、またパドックではドライバーと直に会う機会もありますので、そんな時はどうぞ気軽に声をかけてください。僕もがんばりますので、皆さんも応援、宜しくお願いします。みんなで盛り上がりましょう!


前売チケットのオンライン販売受付は9月12日・24時00分まで。ツインリンクもてぎのオンラインショップ「モビリティ・ステーション」で購入可能だ。

■インディジャパン300マイル ホームページURL
http://www.twinring.jp/indyjapan/

武藤英紀選手 武藤英紀選手 武藤英紀選手 佐藤琢磨選手と武藤英紀選手 インディジャパンに参戦する3人の日本人ドライバー(佐藤、安川、武藤) 急遽インディジャパンへの参戦が決定したロジャー安川選手 ロジャー安川選手