世界大会に出場する ホンダボディサービス栃木の永塚伸洋さん

フランス・パリ郊外のクレルモンでおこなわれている自動車補修塗装の技能を競う「ベストペインターコンテスト」で、日本代表でホンダボディーサービス栃木に所属する永塚伸洋さんが優勝した。

日本から代表を送り出すのは今回のコンテストが初ながら、みごと出場世界17か国の頂点に立った。2位はスロベニア代表のAndrej Simcさん、3位はドイツ代表のSimone Boretiusさん。

優勝した永塚さんは、「ある実技でちょっとしたミスを犯してしまい、1位は難しいと思っていたが、それ以外は自信を持って作業できた。3位くらいは何とか食い込めるのでは、と思っていた。まさか優勝できるとは」と驚きと歓びのコメント。

イベントをサポートしているBASFコーティングスジャパンの上久保和広さんは「他の参加者の塗装作業も見ていたが、永塚さんの技術のほうが遙かに優れていた。優勝は予感していた」と語った。同社の坂本憲さんも「永塚さんの実力をもってすれば上位に入賞できると信じていたが、(順位発表で)3位・2位が他国の代表だったのでもしやと思った。初めて日本から送り出した代表が世界の頂点に立てるとは、感無量」と述べた。

左から日本代表の永塚伸洋さん(ホンダボディサービス栃木)、BASFコーティングスジャパンの坂本憲さん、同上久保和広さん 日本代表の永塚伸洋さん コンテスト開始前のカンファレンス ベストペインターコンテストの競技スタート…17か国の代表が参加 競技開始前のプレゼンテーション ベストペインターコンテストの競技スタート…17か国の代表が参加 協議開始前に、BASFコーティングAGの補修用水性塗料「R-M」についての紹介があった ベストペインターコンテストの競技スタート…17か国の代表が参加 コンテスト審査委員長Ronny Raemaekers氏 審査員が競技内容とジャッジの基準について説明する 報道陣向けの競技内容説明 報道陣向けの競技内容説明 コンテストは一部分の補修をおこなうスポット塗装と、部品交換時に無塗装の部品全体をペイントする塗装など、さまざまな技量が試される 塗装作業の模様 色の調合。ジャッジが念入りに審査する コンピューターを駆使しての色当ても試験項目に含まれる。実技に優れているだけでは上位への入賞は難しい 世界一の塗装技術者“ベストペインター”を決めるコンテストがスタート コンテストの模様 フランスで開催される塗装技術者のコンテストに日本代表として出場する永塚伸洋氏のデモ フランスで開催される塗装技術者のコンテストに日本代表として出場する永塚伸洋氏のデモ フランスで開催される塗装技術者のコンテストに日本代表として出場する永塚伸洋氏のデモ