日本自動車販売協会連合会が10日発表した8月の中古車登録台数は前の年の同じ月にくらべ7.8%増の29万5588台となり、2009年1月以来、19か月ぶりに前年同月を上回った。

エコカー補助金終了の決定を受けた駆け込み需要で、買い替えに伴う下取りが増えた。車種別では普通車が前年同期にくらべ8.6%増の11万9584台、小型乗用車が同10.0%増の13万7122台と乗用車が増えた。

ただ、8月の増加は一時的と見られ、エコカー補助終了により新車需要が減少すれば、中古車市場は再びマイナス基調に戻る可能性がある。

貨物車は普通貨物が前年同期にくらべ5.6%減、小型貨物が同0.7%減と前年同期を下回った。