ティーザー

MINIが『カントリーマン』(日本名:『クロスオーバー』)に、早くも新バリエーション投入を計画しているようだ。

MINIの英国法人、MINI UKは8日、公式Facebookページにおいて、新しいデザインコンセプトを23日に初公開すると発表。ロンドンで開催される初公開イベントには、BMWグループのチーフデザイナー、アドリアン・ファン・ホーイドンク氏も出席するという。

MINIはFacebookに1枚の写真を掲載。黒いカバーがかけられたモデルは、そのフォルムから判断して、MINI『カントリーマン』(日本名:『クロスオーバー』)と思われる。

この謎のMINIクロスオーバー、ハッチバックや『クラブマン』の例に照らすと、スポーツ仕様の『ジョンクーパーワークス』(JCW)の可能性がある。また、MINIクロスオーバーにはクーペバージョンも開発中と噂されており、そのモデルかもしれない。

いずれにせよ、この新デザインコンセプトの正体は23日、明らかになる。