イメージ

神奈川県警は7日、酒気帯び状態で営業中のタクシーを運転していたとして、神奈川県横浜市南区内のタクシー会社に勤務する49歳の男を道路交通法違反の現行犯で逮捕した。男は飲酒運転の事実を大筋で認めているという。

神奈川県警・栄署によると、逮捕された男は7日の午前1時45分ごろ、横浜市栄区桂町付近の県道で営業中のタクシーを酒気帯び状態で運転した疑いがもたれている。直前まで客1人を乗せて走行していた。

この男については市民から「明らかに酔っているタクシー運転手がいる」との通報を受け、同署が内偵を行っていた。客を降ろした直後に職務質問を行い、アルコール検知を実施したところ、酒気帯び相当量のアルコール分を検出。飲酒の事実も大筋で認めたことから道交法違反(酒気帯び運転)の現行犯で逮捕している。

調べに対して男は「営業所を出た直後にコンビニに立ち寄り、そこで買った日本酒を飲んだ」などと供述しているようだ。出庫前の点呼ではアルコール検知も行われており、警察は男が常習的に飲酒運転を繰り返していた疑いもあるとみて、さらに調べを進めている。