7シリーズ

BMWグループは9日、8月の世界新車販売の結果を明らかにした。BMW、MINI、ロールスロイスの3ブランドの総販売台数は、10万3239台。前年同月比は12.5%増と、12か月連続で前年実績を上回った。

ブランド別では、BMWが前年同月比16.3%増の8万8007台、MINIが6.7%減の1万4986台、ロールスロイスが564.9%増の246台という結果だ。

BMWブランドでは、『7シリーズ』が前年同月比52.8%増の6051台と躍進。『5シリーズ』も、24.9%増の1万6175台と好調だ。『X5』と『X6』は、36.4%増の1万2707台をセールス。モデル末期の『X3』も、10.3%増の3936台を売り上げた。

BMWグループの今年1-8月世界販売は、前年同期比12.5%増の91万9258台。とくに中国では今年1-8月、2009年の年間販売台数を上回る10万6000台以上をセールスしている。

BMWグループのイアン・ロバートソン販売&マーケティング担当取締役は、「BMWは依然として、世界ナンバーワンの販売実績を誇るプレミアムブランド。欧州、アジア、米国でバランス良く売れている」と、述べた。

5シリーズ X5 X3 ゴースト