国土交通省と経済産業省は9日、2011年4月以降販売される新型車のカタログなどへの燃費表示について、現行の「10・15」モードから、より実走行に近い「JC08」モードへ移行することを内容とした告示改正案をまとめ、パブリックコメントの募集を開始した。

排気ガスの測定モードが来年4月以降販売される新型車から新モードで測定された排出量の表示へと移行するため、燃費についても測定方法変更時期を合わせることで、メーカーの負担軽減を図るとともに、一般消費者による燃費性能の比較を行いやすいようにする。

告示改正案では、来年4月以降型式指定を受ける自動車についてはJC08モード燃費値を表示することとするが、2013年2月までの間は、10・15モードにより排気ガス基準を満たす自動車も存在するため、10・15モード燃費値のみの表示も認める。

了承では、今年10月下旬に公布し、来年4月に施行する予定。

意見募集
http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha10_hh_000047.html