早稲田大学環境総合研究センター准教授・早稲田環境研究所代表取締役小野田弘士氏

早稲田環境研究所では、自動車のアフターマーケットにおける環境とビジネスの融合を目標として昨年12月に設立された「自動車アフターマーケット高度化コンソーシアム」主催の第1回環境対応セミナーを、9月30日に開催すると発表した。

テーマは「リサイクル部品の活用と企業の動向」で、講師には早稲田大学環境総合研究センター准教授の小野田弘士氏、早稲田環境研究所副主任研究員の中嶋崇史氏、オリックス自動車社長室シニアマネジャー島井淳志氏、イードリーマー代表取締役CEO山下亮氏、富士火災海上保険担当者を迎える予定としている。

早稲田環境研究所では、超小型電気自動車ULVを使った観光ツールや広告媒体の研究開発を行っているほか、早稲田大学環境総合研究センター、自動車リサイクル部品販売団体協議会グリーンポイントクラブ、地球健康クラブと共同で、リサイクル部品活用時やエンジン洗浄・オイル交換時のCO2削減量を算出するデータバンク機能「W-ターミナル」の構築などを手がけている。

同社が幹事・事務局を務める自動車アフターマーケット高度化コンソーシアムでは、このW-ターミナルを活用して環境配慮行動を提唱する「エコ☆モ活動」などを展開している。セミナーについては、今後も整備工場のネットワーク構築やエコドライブの推進、最新の政策動向などをテーマに、来年3月まで合計6回を開催する予定だという。

開催時間は13時30分から16時30分までで、会場は早稲田大学大隈講堂近くの早稲田社会教育センターとなる。定員は30名、参加費用は1万円。参加申込は早稲田環境研究所ホームページ上で受け付けており、締切は9月22日17時00分までとなっている。

早稲田環境研究所URL
http://e-wei.co.jp/

早稲田環境研究所の超軽量電気自動車ULV-IV。左は前作ULV-III すみだ新製品開発プロジェクトと共同で研究を行う早稲田環境研究所のULV(超軽量車両) 秋葉原を走行するエコルンバ号