508

プジョーは6日、新型車『508』の新しいオフィシャル写真と詳細スペックを公表した。実車は30日に開幕するパリモーターショーで披露される。

新型508は、現行『407』の後継車の位置づけ。ボディタイプは、セダンとステーションワゴンの「SW」の2種類を設定する。プジョーの新しいデザイン言語を取り入れた第1号車となるのが特徴だ。

ボディサイズは、全長4792(SWは4813)×全幅1853×全高1456(SWは1476)mm、ホイールベース2817mm。現行407との比較では、セダンは約105mm、SWは約35mm長い。ホイールベースは約90mm伸ばされた。プラットフォームは、PSA(プジョー・シトロエン)の「プラットフォーム3」を使用しており、シトロエン『C5』や『C6』とベースを共用する。

欧州向けのエンジンは、ガソリンが1.6リットル、ディーゼルが1.6/2.0/2.2リットルの合計4ユニット。2012年には、ディーゼルハイブリッド仕様が追加される。プジョー初の量産ハイブリッド車として、8月下旬に発表された『3008ハイブリッド4』と同じシステムを搭載。トータル出力200ps、トルク51kgmを引き出し、4輪を駆動。CO2排出量は100g/km以下を標榜する。

プジョーは今回、508の新オフィシャル写真を公開。今後のプジョー車のアイデンティティとなる表情や、クオリティの高いインテリアなどが確認できる。

508 508 508 508 508 508 508 508 508 508 508