リリース

経済産業省は8日、エコカー補助金の7日の申請状況を公表した。7日は約92億円(6万6000件)を受理し、補助金残額が約10億円。現時点で、8日分の申請は既に予算額を超えていることが明らかとなり、7日分をもって申請受付を終了とすると発表した。

エコカー補助金は、7月の申請状況では当初予定されていた9月末まで続く予算状況であったが、8月に入ると駆け込み需要により1日あたりの申請金額が増大した。9月になると、最後の駆け込みで購入されたと見られる申請が相次ぎ、6日の申請額は過去最高となる約116億円(約9万6000件)を記録した。

また再点検の結果、未反映の約130億円、9万3000台が6日にあきらかとなり、当初の予定より大幅に期間を短縮して終了になった。

在庫車でない工場から作り始める新車では納車におよそ1〜2か月かかるので、7月の時点で9月末まで制度が実施されると期待して新車を購入した人の中には、納車待ちの状態で打ち切りとなる人も多数発生する状況となった。

6日までの進捗。7日の申請受理金額は92億円