4日午後6時20分ごろ、大阪府羽曳野市内にある温泉施設の自走式立体駐車場で、場内を進行していた乗用車がフェンスを突き破り、約11m下まで転落する事故が起きた。クルマは大破し、乗っていた男女2人が重傷を負っている。

大阪府警・羽曳野署によると、クルマは4階の駐車場を走行していた際に前進で金属製フェンスに衝突。そのままこれを突き破り、約15m先の工場敷地内へ飛び込むように転落した。

クルマは転落の途中で電柱にも衝突して大破。運転していた富田林市内に在住する19歳の男性と、助手席に同乗していた19歳の女性が全身強打で重傷を負っている。

現場は羽曳野市広瀬付近。現場にブレーキ痕はなく、ある程度の速度を保ったままフェンスに衝突したとみられている。