ライトアップイメージ

首都高速道路は今年も、10月1日の日没から24時00分までレインボーブリッジをピンクにライトアップすることで、「ピンクリボンフェスティバル」を応援する。

日本対がん協会などが主催する「ピンクリボンフェスティバル」は、乳がんの早期発見、早期診断、早期治療の大切さを啓初するもの。

日本では現在女性の16人に1人が乳がんになるといわれいている。自分自身の問題として意識しない女性が多く、乳がん検診受診率は低い。そのため、早期発見、早期治療をすれば治癒する可能性のあるがんにもかかわらず、死亡者数が増加傾向にある。そこで、乳がんは他人事でなく自分の問題として意識してもらおうと、2003年からイベント開催や町のデコレーション、ライトアップなどを行っている。