8月21日にさいたま市で開催された第2回イベントの様子

日産自動車は10月2、3日の2日間、電気自動車(EV)『リーフ』の市販を前に、EVの普及を目指すイベント「ザ・ニュー・アクション・ツアー」の第3弾を北九州市で開催する。

このイベントは「ゼロ・エミッション社会の実現」を一般に訴求するため、リーフに体験試乗してもらうイベントで、全国47都道府県での開催を目指している。

今回の福岡県北九州市でのイベントは、7月の神奈川県、8月のさいたま市に続くもので、首都圏以外では初開催となる。今後は宮崎県、京都市、横浜市など、日産がEV普及推進でパートナーシップを締結している自治体を中心に開催していく。

イベントでは、北九州市の北橋健治市長を招いて、EVの普及啓発に向け同市と日産が締結している「環境と技術のまち北九州 e-フロンティア・プロジェクト」の一環として、市民によるリーフの体験試乗やワークショップを行う予定。

同社ではウェブサイトで9月8日からイベント参加者を募集する。

8月21日にさいたま市で開催された第2回イベントの様子 8月21日にさいたま市で開催された第2回イベントの様子