スイフト新型

3代目となる新型『スイフト』をデザインするにあたって、「当初から塊の凝縮感や安定感、踏ん張り感はスイフトを構成する重要な要素の一つで外せないものと考えた」と四輪技術本部第2カーラインチーフデザイナー松島久記さんはいう。「これらは外せないテーマとして最初から決まっていたのです」。

例えば、リアデザインでは「バックドアウインドウの比率を変えたり、リアコンビの付いている位置や高さを変えたり、バンパーの造形やサイドのショルダーからの流れを変えたりなど、そういったひとつひとつの積み重ねで先代よりも安定感が増して見えるようにしました」と話す。

「(先代の)ひとつひとつの部分のデザインが表わしたかったことは何か、ということをもう一度考えました。その形状を発展させた方がよいところは、それをベースにしてリファイン、置き換えた方がよいと判断したところは置き換えたのです」

では、置き換えたデザイン部位はどこであろうか。「例えば、ボディサイドの断面や面構成は先代と大きく違っています」という。「ショルダーラインの部分はキープしていますが、その下のなめらかでネガティブなサーフェスの部分は、品質感を上げるために置き換えるジャッジをしました」と、先代を基準によりスイフトらしいデザインになったと語った。

スイフト新型 スイフト新型 スイフト新型 スイフト新型 スイフト新型