JSRと東京エレクトロン、イビデンの3社は、次世代リチウムイオンキャパシタ(LIC)の開発を加速するため、共同開発に乗り出す。

JSRの材料技術、東京エレクトロンの装置システム化技術、イビデンのパッケージ開発技術・セル実装技術を結集して次世代LICを開発するため「次世代LIC総合技術研究組合」を設立する。

LICは、リチウムイオン電池と比べて急速充放電が可能で、特にエネルギー回生用途に適している。現在、LICは瞬時に大エネルギーが得られる特徴を活かし、瞬時電圧低下補償装置などの産業機器に採用されている。

3社は技術研究組合を設立して、従来のLICの適用範囲を拡大し、成長が見込まれる環境・エネルギー分野での事業拡大を図る。2012年度までに革新的なセル構造と新しい材料などを用いた独自の組み立て技術を展開、エネルギー密度を現行LICの約5倍に向上したコンパクトで生産性の高い製品を開発する。

また、LICは、リチウムイオン電池との併用も可能であり、自動車、太陽光・風力発電など幅広い分野に展開していく計画だ。