プレマシー新型をアピール

日本のミニバンで、走りを真面目に解決しようという姿勢を見せているのは、今やマツダだけなんじゃないかと思う。それも一時期のひとりよがりなキビキビ路線を放棄して、もう少し一般ウケする方向にシフトしてきた。

プラットフォームやパワートレインをほぼキャリーオーバーしたこともあって、熟成は相当に進んだと思う。ライバルがあってないようなクルマ(サイズと両開きを考えると)だけれども、少なくとも同じようなカタチの中では最も運転していて気持ちはいい。

とはいえ不満もあって、たとえば継ぎ目のあるちょい荒れの首都高カーブでは、懐の浅さが露呈してしまうし、そういうことを連続してこなせるほど日本仕様は深くセッティングされていない。ファミリーカーにどこまで走りを求めるかには議論があっていいが、マツダは走りに力を入れると宣言したのだから、もう少し煮詰めていって欲しいと思う。

パワートレインはごくごくフツウ。アイドリングストップのみ、褒められる。とはいえ、作動条件はかなりシビア。この暑い夏はほとんど停まらなかったことだろう。けれども、まずはそういう仕組みを取り入れることが肝心。今後の内燃機関戦略にも期待したい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★

西川淳|自動車ライター/編集者
産業から経済、歴史、文化、工学まで俯瞰して自動車を眺めることを理想とする。高額車、スポーツカー、輸入車、クラシックカーといった趣味の領域が得意。中古車事情にも通じる。永遠のスーパーカー少年。自動車における趣味と実用の建設的な分離と両立が最近のテーマ。精密機械工学部出身。

プレマシー プレマシー プレマシー プレマシー