ティグアン ライストン

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、コンパクトSUV『ティグアン』に特別仕様車『ライストン』を設定して9月7日から販売を開始した。2.0リットルTSIエンジンと新開発の7速DSGを搭載する。

特別仕様車は、クロームパッケージや「スポーツ&スタイル」の専用エクステリアを採用したほか、インテリアにもファブリックスポーツシートなどを採用した。

パワートレーンには170psの2.0リットルTSIエンジンを搭載し、新開発の7速DSGと組み合わせた。この新型DSGは、重量級車両や大トルクモデル用に開発したもので、最大許容トルク600Nm、最高許容出力275kW、車体総重量3.2tまでのモデルに対応する。ベースは湿式6速DSGだが、7速化するため、新設計した。特にリバースギアの伝達プロセスを変更し、6速DSGにあったリバースギア用シャフトを廃し、インプットシャフト、アウトプットシャフト2本の構成に変更することでコンパクト化した。

これらの採用により燃費は11.6km/リットルと従来と比べて20%改善した。

価格は385万円。

ティグアン ライストン ティグアン ライストン ティグアン ライストン ティグアン ライストン ティグアンに搭載される新開発7速DSG ティグアンに搭載される新開発7速DSG ティグアンに搭載される新開発7速DSG