都農第2発電所の完成予想図

国際航業ホールディングスは7日、宮崎県都農町にあるリニアモーターカー宮崎実験線跡高架上にメガソーラー発電所「都農第2発電所」の建設を開始した。総事業費は約6億円を見込んでおり、来年2月に竣工する予定。

都農第2発電所は、日向灘の海岸近くを南北に貫くリニアモーターカー宮崎実験線跡高架上の約3.6kmにわたって太陽光パネル架台を縦列に配置して発電する。世界でも珍しい形状の発電施設となる。

国際航業グループが出力1メガワットの太陽光発電所を建設するのは初めて。

第2発電所では、今年4月から稼働している都農第1発電所で採用されているCIS化合物型太陽電池パネルを約1万2500枚使用する。CO2削減効果は年間約670tを見込んでいる。年間発電量は約120万kWhで、平均的な一般家庭の年間消費電力量換算で約300世帯分に相当する。

施設は、100%子会社の宮崎ソーラーウェイが建築主となって国際航業グループ各社が連携して運営する。