ドライブレコーダー DREC100

富士通テンは、「ECLIPSE(イクリプス)」から一般車向けドライブレコーダー『DREC100』(カメラ・本体一体型)と『DREC3500』(カメラ・本体分離型)を10月下旬から発売する。

DREC100は、ドライブレコーダーを気軽に利用できるようにカメラと本体を一体化し、低価格化に設定した。エンジン始動と同時に撮影を開始し、最長6時間の「常時記録」機能を搭載し、音声記録機能や広視野角、12/24V電源対応などの従来機種の特長を引き継いだ。

DREC3500は、手動と自動を設定により選択できるのが特徴で、価格も普及を狙って従来品より約2割低価格化した。衝突や急ブレーキなどの衝撃があった際、その前後計20秒間の映像と音声を記録する「イベント記録」機能と、任意のスイッチ操作で最長40分間記録する「手動記録」機能に加え、エンジン始動と同時に撮影を開始し、最長40分継続して記録する「自動記録」機能を新たに搭載した。

いずれのモデルも31万画素の4分の1インチカラーCMOSカメラを採用、記録媒体は2GBのSDカード。画像サイズはDREC3500はVGAのみ、DREC100はVGA(標準モード)とQVGA(長時間モード)。

両モデルとも価格はオープン価格。