599

フェラーリが『599GTBフィオラノ』(日本名:『599』)に設定するオープン仕様、『599ロードスター』。フェラーリが極秘に、そのモデルの内覧会を済ませていたことが判明した。

これは、欧米の複数メディアが明らかにしたもの。フェラーリは8月中旬、米国カリフォルニア州で開催された「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」に合わせて、599ロードスターの内覧会を開催。フェラーリ・ユーザーの中でも、とくに選りすぐられた顧客が、この内覧会に招待されたという。

ところで、フェラーリが最後に12気筒オープンを発売したのは、2005年。『575Mマラネロ』をベースに、電動ガラスルーフを採用した『スーパーアメリカ』を、世界限定599台でリリースしている。日本には20台が正規輸入され、価格は3024万円からだった。

このスーパーアメリカには、ガラスルーフが180度回転して、トランクに収納されるメカニズムを導入。しかし、内覧会に出席した招待客の証言によると、599ロードスターはソフトトップを採用しており、スーパーアメリカよりもシンプルなオープン機構だったという。

さらに、興味深いのがエンジンに関する証言。6.0リットルV型12気筒(620ps、62kgm)は、限定599台が即完売した『599GTO』と共通スペックが与えられ、最大出力670ps、最大トルク63.2kgmを引き出すという。

ソフトトップによって重量増を抑え、クーペよりもパワフルなエンジンを載せた599ロードスター。2011年の半ばに、限定100台程度が発売される見込みである。極めてエクスクルーシブなフェラーリとなりそうだ。

599 スーパーアメリカ