ルノー

ルノージャポンは1日、『ルーテシア』(本国名『クリオ』)発売20周年を記念した限定モデル「ルーテシア・ルノースポール・エディションリミテ・ヴァンタン」を発表、16日より発売を開始する。

ルーテシアは1990年に本国で発売を開始、今年で20周年を迎えた。それを記念し1年間の期間限定で特別仕様車を設定、ルノースポール・モデルを30台限定で日本にも導入したのだ。本国では通常のルーテシア・ベースの限定車もあるが、日本ではルノースポールの販売比率が高いことからこちらのみの導入となった。日本市場においても1990年の後半にルーテシアは導入され、同じく20周年となる。

限定車「エディションリミテ・ヴァンタン」のエクステリアの特徴について、マーケティング部商品計画グループのフレデリックブレンさんは、まずボディ色をあげる。「このホワイトパールとルーフのメタリックブラックのツートンがいちばん目を引く特徴でしょう」。限定車のみのこのカラーは、カタログモデルの特別色と同様にパールが入るため、ペイントブースを2回通る(倍の工程)。

アルミホイールのデザインもカタログモデルと異なる。それ以外に、フロントエアインテークやドアミラーがグレーになることや、インテリアではセンターコンソール等がカーボン調になることが変更点である。

また、もうひとつ大きな特徴として、従来の日本導入モデルとは異なるシャシーが採用された。限定車は「シャシーカップ」と呼ばれる、よりサーキット向けの剛性の高いものとなっているのだ。「ダンパーが前後とも15%硬くなりました。スプリングは短く、かつフロントが23%、リアは30%硬くしています。それらにより7mmローダウンとなります」。

合わせてステアリングのセッティングも変更。「電動パワーステアリングのコンピューターも専用のマッピングとなり、『シャシースポール』よりダイレクトです。またロックtoロックは、シャシースポールの2.8回転に対し、2.5回転となり、よりダイレクトに感じられるようになっているのです」。

価格は334万円で、全国のルノー・スポールスペシャリストディーラのみで販売となる。

ルノー ルノー ルノー ルノー ルノー ルノー ルノー ルノー ルノー