クロスポロ

コンパクトカー随一の評価を受ける『ポロ』ベースの企画商品。唯一の難点(ほとんど難癖)はといえば、真面目に過ぎる雰囲気だと思っていた。その点、クロスポロは適度に遊びが利いている。というわけで、土台よければ全て良し、なら良かったのだが、些少ではあるけれどもそこにはいくつかのトレードオフがあった。

いい点は、遊び心に加えて、まるでミニカーを転がすように運転できるイージーさだ。視点が少し上がったことで、これほどまでにドライブしやすいと思えるとは。これでもう少しダッシュボード周りにも遊び心があれば、もっとワクワク運転できたと思う。

悪い点はといえば、3ナンバーになってしまうことはともかく、プラス30kgに加えて、やはり大きなタイヤを履くことにより、ところどころで露呈するバタツキだ。それでも上手く丸め込んでいる方だと思うが、ノーマルのあの懐の深さを知っていると、どうしても劣っていると感じてしまう。逆にいえば、それくらいのもんである。ノーマルが憎らしいほど上出来なので、遊んだクルマにくらいケチをつけてやろうと、目を皿にした結果でもあった。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

西川淳|自動車ライター/編集者
産業から経済、歴史、文化、工学まで俯瞰して自動車を眺めることを理想とする。高額車、スポーツカー、輸入車、クラシックカーといった趣味の領域が得意。中古車事情にも通じる。永遠のスーパーカー少年。自動車における趣味と実用の建設的な分離と両立が最近のテーマ。精密機械工学部出身。

クロスポロ クロスポロ クロスポロ