日揮は、スペインのアベンゴア・ソーラーと共同で、スペインで太陽熱発電事業に参入する。

両社は、合弁会社を設立してスペイン南部コルドバ地区に50MWの太陽熱発電所2基、合計100MW級を新設する。発電した電力はスペイン国内向けに売却する。日本企業が海外で商業用太陽熱発電事業を展開するのは初めて。

合弁会社の出資比率は日揮が26%、アベンゴアが74%で、2012年から操業する予定、電力の買取りでは、温暖化ガス削減と再生可能エネルギー促進を目的にスペインで実施されている優遇買取価格制度を利用する。

総事業費は約5億ユーロ以上を見込んでいる。この事業で約5万2000世帯分の一般家庭用電力を生み出し、年間6万3000tのCO2などの温室効果ガスの削減に貢献する。

太陽熱発電は太陽光エネルギーを鏡で集光、オイルなどの熱媒体を集熱設備で加熱し、その加熱された熱媒体で蒸気を発生させ蒸気タービンを駆動して発電する。石油などの化石燃料をほとんど使用しないため、クリーンエネルギーと位置付けられ、世界的にも注目されている。