日本興亜損害保険は、子会社である日本興亜損害調査を2011年4月1日付けで吸収合併すると発表した。

日本興亜損調社は、日本興亜が100%出資する子会社で、主に損害保険調査業務を行ってきた。今回、保険契約者に対する事故対応業務の品質向上と保険金支払業務の効率化を図るため、吸収合併する。

損害保険では、保険不払いが大きな社会問題となった。保険調査会社を内部に取り込んで、保険支払いの適正化を図ると見られる。