イメージ

1日早朝、北海道小樽市内の札樽自動車道上り線から白老町内の道央自動車道上り線に掛け、約100kmに渡って軽乗用車が逆走する事件が起きた。人的被害は無かったが、警察は留萌市内に在住する31歳の男を道路交通法違反の現行犯で逮捕している。

警察の調べに対して男は「前夜にかわいがっていた飼い猫が死に、自暴自棄になった」などと供述しているようだ。警察は引き続き動機について調べを進めている。

北海道警・高速隊によると、1日午前5時45分ごろ、小樽市銭函付近の札樽自動車道上り線を走行していたクルマの運転者から「逆走車が札幌方向に走行している」との通報が複数寄せられた。

警察が札樽道上り線を通行止めにして警戒していたところ、札幌市北区内にある新川インターチェンジ付近で逆走する軽乗用車を発見。下り線側を順走するパトカーが停止を呼びかけたが、クルマはこれを無視して走り続けた。

クルマは抑止のために設置された検問所を次々に突破。道央自動車道上り線に入ってからも逆走を継続したが、午前7時15分ごろに発見場所から約100km離れた白老町内で道路会社のパトカーに接触して停止。運転していた男は追跡してきた高速隊員に取り押さえられ、道交法違反の現行犯で逮捕された。早期に道路の通行止めが行われたため、巻き込まれた一般車両や人的な被害は無かった。

逮捕された男は留萌市内に在住する31歳の男。逮捕当時は興奮状態だったが、徐々に落ち着きを取り戻したという。