システムの概要と各社分担

日産自動車、日立製作所、オリックス、オリックス自動車の4社が共同で実施する「放電対応EV(電気自動車)を用いたエネルギーマネジメントシステム」が、新エネルギー・産業総合技術機構(NEDO)の「蓄電複合システム化技術開発」として採択された。

今回共同で推進する技術開発は、EVの車載蓄電池を、将来的に電力貯蔵可能な社会インフラの一つとして、家庭や地域社会でも活用するためのもの。

日産自動車はEVの蓄電池から家庭やビルに放電が可能となる通信制御を含めた技術を開発し、日立は太陽光発電と蓄電池を利用したエコ充電システムやEVとエコ充電システムを連携させたエネルギーマネジメントを開発する。

オリックスとオリックス自動車は充電スタンド管理センターと連携し、予約・配車を行うEVシェアリングマネジメントシステムを開発する。

家庭やビル、地域が一体となってエコ充電スタンドに接続するEVの車載蓄電池や定置型蓄電池を効率的、利便性良く運用し、再生可能なクリーンエネルギーの利用率の向上を図る。

NEDOの技術開発事業は、横浜市が経済産業省に提出した「横浜スマートシティプロジェクト(YSCP)」のマスタープランを実施する関連提案と連携し、横浜市実証グループとして体制を整備して実施する。

日産はNEDOからの指名を受けて蓄電複合システム化技術開発の横浜市実証グループの幹事社として取り組む予定。