パジェロ

三菱自動車は2日、『パジェロ』にクリーンディーゼルエンジンを搭載し、ポスト新長期排出ガス規制に適合させて16日から発売すると発表した。エコカー補助金終了後も20万円を上限に補助金が受けられる。

排気量3.2リットル・コモンレールディーゼルエンジン搭載車は、吸気系や燃焼室の形状などエンジン本体を大幅に改良しNOx(窒素酸化物)の排出量を低減させた。9月から継続生産車にも適用されるポスト新長期排出ガス規制に適合させた。パジェロ全体の月間販売計画150台のうち5割以上をディーゼル車で販売する計画だ。

同規制に対応させたことで2012年3月まで適用されるエコカー減税の適用となり、自動車取得税と自動車重量税が免除されるほか、9月末までのエコカー補助金の対象になる。エコカー補助金終了後も「クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金」の対象になる。

燃費性能は10.4km/リットル(JC08モード)と、従来より4%向上し、2015年度燃費基準を5%オーバー達成した。メーカー希望小売価格は360万2000〜476万7000円(消費税込み)。

パジェロ パジェロ パジェロ パジェロ パジェロ パジェロ パジェロ パジェロ パジェロ パジェロ パジェロ