ソナタ

ヒュンダイモーターアメリカは1日、8月の米国新車販売の結果をまとめた。総販売台数は5万3603台で、前年同月比は11.4%減。昨夏に実施された新車購入補助政策、「キャシュ・フォー・クランカー」の反動で、14か月ぶりに前年実績を下回った。

乗用車系では、新型を今年2月に発売した『ソナタ』が、前年同月比81.1%増の2万1399台をセールス。高級4ドアサルーン&2ドアスポーツクーペの『ジェネシス』も、24.7%増の2889台と好調だ。モデル末期の『エラントラ』は、30%減の1万5181台と後退した。

SUV系では、09年12月に新型に切り替わった『ツーソン』が、前年同月比32.1%増の3343台を販売。しかし、マイナーチェンジを受けた『サンタフェ』は、47.3%減の5687台と落ち込んだ。

ヒュンダイの今年1〜8月米国新車販売は、前年同期比17%増の36万3491台。ヒュンダイモーターアメリカのデイブ・ズコフスキー副社長は、「10〜12月の3か月間に、最上級車の『エクウス』をはじめ、4つの新商品を投入する」とコメント。通年での販売新記録達成に向けた準備は万端のようだ。

ツーソン ジェネシス