X6とX5

BMWオブノースアメリカは1日、8月の米国新車販売の結果を発表した。BMWとMINIの両ブランド合計で、2万3965台を販売。前年同月比は1.6%減と、3か月ぶりに前年実績を下回った。

BMWブランド単独では前年実績をクリア。前年同月比1.6%増の1万9540台を販売した。その内訳は、乗用車系が3.1%減の1万5422台、ライトトラック系(SAV=スポーツ・アクティビティ・ビークル)が24.4%増の4118台だ。

乗用車系では、主力車種の『3シリーズ』が前年同月比15.2%減の8339台と落ち込んだ。新型を投入した『5シリーズ』も、13.8%減の3047台と息切れ。そんな中、『1シリーズ』は52.5%増の1394台、『7シリーズ』は42%増の1224台、『Z4』は119.6%増の1201台と好調だった。

SAVでは、マイナーチェンジを受けた『X5』が、前年同月比21.4%増の2786台と人気。モデル末期の『X3』も33.1%増の892台と支持された。『X6』も27.9%増の440台を売り上げている。

MINIブランドは、前年同月比13.4%減の4425台。『MINIクーパー/クーパーS』が、9%増の3317台とセールスを伸ばした。

BMWグループの今年1‐8月米国新車販売は、前年同期比5.6%増の16万8940台。BMWオブノースアメリカのジム・オドネル社長は、「今年下半期は上半期よりも米国市場の勢いは衰える」と予想したうえで、「競合他社との販売の差は縮小している」と述べた。

Z4 7シリーズ 1シリーズ