インプレッサ WRX STI 4ドア

入魂のスバリストにとっては、悲しいやら嬉しいやら、何とも複雑な追加モデルではないだろうか。ラリー参戦直結で売る『インプレッサ』にとって、WRC参戦必勝こそが大義であり、ために現行インプWRXはハッチバックのみになったのではなかったか、と。

いや、それでも4ドア版を売っておくれよ、というマーケットの声に後押しされたのだろう。傍観者にとってみれば、正直、昔のイメージを色濃く伝えてくれる4ドア版の方が、インプWRXらしくていいと思うのだが。

改良もはたしての追加グレードである。クルマとしての完成度はかなり増した。特に好印象だったのが、以前よりもクイックで、限定車ほど鋭くはない、ハンドリング。自然なシャープさがいいし、ステアリングホイールから伝わるしっかり感も嬉しい。

加えて、トランクがちゃんとあることで、ムチャな走りも一層、受け入れてくれるように。時間に余裕ができた=素晴らしいパワーを楽しむ時間が、精神的に増えたということ。実戦では走らないのだろうが、ワインディングを駆るときにシロウトでもラリードライバー気分に浸れるのは4ドアの方だと思う。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★

西川淳|自動車ライター/編集者
産業から経済、歴史、文化、工学まで俯瞰して自動車を眺めることを理想とする。高額車、スポーツカー、輸入車、クラシックカーといった趣味の領域が得意。中古車事情にも通じる。永遠のスーパーカー少年。自動車における趣味と実用の建設的な分離と両立が最近のテーマ。精密機械工学部出身。

インプレッサ WRX STI 4ドア インプレッサ WRX STI 4ドア インプレッサ WRX STI 4ドア インプレッサ WRX STI 4ドア