3008

『3008』におけるクロスオーバーの意味は、プジョーらしさとアウトドアテイストの融合ではないかと思った。

クロスオーバーとしてはモノスペース感が強く、独特の吊り目と格子のグリルが目立つスタイリングがそうだし、タイトなインパネでスポーティさを漂わせつつ、2分割リアゲートなどで多用途性にこだわったキャビンもそうだ。でもいちばんプジョー流クロスオーバーを感じたのはシャシーだった。

背が高いボディなのにサスペンションを固めていないから、しっとりした乗り心地が味わえる。なのにコーナーではロールをほとんど見せずにスッと曲がる。ダイナミックロールコントロールと呼ばれる第3のリアダンパーのおかげだろう。このクラスのクロスオーバーの多くが、車高を上げて足を固めるだけで終わるなか、こういう新機構を入れてまでネコ足にこだわったあたりにプジョーの意地を感じる。

しかも1.6リットル直噴ツインスクロールターボエンジンに、やっと6速ATが組み合わされた。さらに大柄なシトロエン『C5』さえ軽々と動かすパワートレインだから、加速はいかなる場面でも文句なし。スペック偏重型評価の犠牲にならなくなった点でもいいことだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

森口将之|モータージャーナリスト
試乗会以外でヨーロッパに足を運ぶことも多く、自動車以外を含めた欧州の交通事情にも精通している。雑誌、インターネット、ラジオなどさまざまなメディアで活動中。著書に『クルマ社会のリ・デザイン』(共著)、『パリ流 環境社会への挑戦』など。

3008 3008 3008 3008 3008