石油情報センターが発表した石油製品の店頭小売価格の週次調査によると、8月30日現在のレギュラーガソリンの全国平均価格は1リットル当たり133.5円となり、前の週と比べて0.1円の小幅な値下がりとなった。

小幅な値下がりが続いているものの、これで14週連続の下落となる。円高の進行などで原油調達コストが下落、石油元売りが卸価格も引き下げていることから、小売価格も下落基調が続いている。

円高に加えて、原油価格は米国の景気低迷懸念で、再び下落しており、今後もガソリン価格の下落傾向は続きそうだ。

ハイオクガソリンは0.1円下落して144.3円、軽油は0.1円下落して113.7円だった。

★e燃費(運営:イード)によると、9月1日現在のレギュラーガソリンの全国平均価格は126.56円、ハイオクは136.44円、軽油は105.36円となっている。レギュラーは+0.33円の値上がりに転じている。

石油情報センターによる平均値は「販売」価格の平均であるのに対し、e燃費は「購入」価格の平均。現実の購入でユーザーは安い価格を指向するので、購入価格平均は販売価格平均より安くなる。