UDトラックスは、パーツの値付け機能を強化するため、9月1日付で組織改正を実施すると発表した。

今回の組織改正では、パーツの販売価格を再構築するため、国内戦略企画部に「グローバルパーツプライシングプロジェクトオフィス」を新設する。パーツの収益を確保するのが狙い。

また、プロダクトコスト、トランスファープライスの管理強化、ベストプラクティスコスティングの各機能を強化するため「プロジェクト管理担当」を「プロダクトコスト担当」に名称変更、コスト担当であることを内外に示す。