日野自動車は31日、路線バス、日野『ブルーリボン2』の非常口に不具合があるとして、国土交通省にリコールを届け出た。

対象となるのは、2005年7月28日〜07年4月11日に製作された458台。

非常口扉の車外ハンドルブラケットに溶接が不適切なものがあるため、ハンドル操作時に溶接部が破損し、非常口扉を開けなくおそれがある。

全車両、ブラケットの溶接状態を点検し、不適切なものはボルトで固定する。

不具合発生件数は2件で、市場からの情報で発見した。事故は起きていない。