JX日鉱日石エネルギーは、10月から石油製品の卸価格の決定方式を変更する。

卸価格決定の現行方式は、マーケットに即応した卸価格にするため、土曜日から1週間の卸価格を、その前日の金曜日から1週間の国内石油製品卸マーケット価格を参照して決定している。サービスステーションなどの得意先への卸価格の提示は、翌週の金曜日となっているため、得意先では、仕入れ価格の決定前に販売価格を決定しなければならない取引が発生していた。

今回、得意先の仕入れ価格の早期明確化を図るため、金曜日に、翌日の土曜日から1週間の卸価格を決定・提示する方式に変更する。

これによって卸価格の透明性・公平性を確保しながら、マーケットにも即応できるように、国内石油製品卸マーケット価格に加え、原油価格動向やその他の国内外の石油製品市況動向について、直近までの実勢を総合的に勘案した上で、先行して決定する。

原油調達コストのリスクを同社も負う方式となる。

同社は今後、得意先と協議した上で10月から新方式へ移行する。新しい方式に変更後も卸価格変動幅の実績と原油調達コストの公表も継続する。