スイフト新型

3代目となる新型スズキ『スイフト』が発表された。フルモデルチェンジしたデザインは明らかに先代からのキープコンセプトである。

「先代は世界各国で好評でしたので、開発の初期段階からこの良いイメージは絶対に守るようにというオーダーがデザイングループに出ていました」と話すのは四輪技術本部第2カーラインチーフデザイナー松島久記さん。先代の持つアグレッシブで個性的なスタイリングを引き継いでリファイン出来ないか、ということでデザインをしたのだという。

そのオーダーは、エクステリアのイメージを守るようにする点ともうひとつ、クルマをできるだけコンパクトに見せ、かつ作るようにという点であったという。

「年々厳しくなる衝突安全基準や静粛性、走行安定性、その他法規要件をクリアするとだんだんクルマが大きくなり、欧州のBセグメントも軒並み全長4mを超えてしまいました」という現状を踏まえ、「2代目スイフトはそのコンパクトサイズから、ドライバーの意志に良く反応できるきびきびとした走りが評価されましたので、とにかくクルマを小さくするようにというのが大命題としてあったのです」という。

そこで、デザイン部門と設計部門が何度もミリ単位の協議を重ね、寸法を最小限に抑えるにはどうしたらいいかということからこの形を作り上げたのだ。具体的には、全長で95mm長く、全幅は5mm大きくなった。しかし、実際にそのデザインを見ても大きくなった印象はない。松島さんは、「寸法がかなり変わっているにもかかわらず、コンパクトに見えていることをぜひ評価してもらいたいです」と自信を見せた。

スイフト新型 スイフト新型 スイフト新型 スイフト新型 スイフト先代