新潟雪国型メガソーラーの外観

昭和シェル石油は、新潟市に建設していた「雪国型メガソーラー」(大規模太陽光発電所)の運営を8月31日から開始した。

雪国型メガソーラーは、同社と新潟県で共同で取り組む日本初の商業用発電施設。同社の製油所跡地に設けた。

施設の発電規模は1000キロワット、一般住宅約300軒分相当で、発電した電力は、全量東北電力を通じて近隣地域に供給する。

施設は、地域の子供たちがエネルギーについて学べる見学施設や教室も併設し、次世代クリーンエネルギーとして世界的に注目されている太陽光発電をアピールする。

施設は、同社の100%子会社のソーラーフロンティアが生産するCIS太陽電池のパネル1万2528枚を使用した。また、雪国での最適傾斜角を検証するため、太陽電池パネル設置角度は20度と30度の2種類にした。さらに雪対策のため地上1mの高さから太陽電池を設置した。