7月の自動車生産は前年同月比16.8%増の86万6762台となり、9か月連続で前年を上回った。

日本自動車工業会が発表した7月の自動車生産実績によると、四輪車の生産台数は前年同月比16.8%増の86万6762台となり、9か月連続で前年を上回った。

エコカー補助金制度の効果で国内販売が好調だったほか、輸出も伸びたため。

車種別では乗用車が同16.0%増の74万6248台と9か月連続プラスとなった。このうち、普通乗用車は同26.5%増の44万0134台、小型乗用車が同0.4%増の19万6222台、軽乗用車が同9.8%増の10万9892台だった。

トラックは同21.9%増の11万0846台だった。このうち、普通貨物車は同40.8%増の5万0609台、小型貨物車が同11.3%増の2万757台、軽貨物車が同8.7%増の3万9480台だった。

7月の国内需要は同12.9%増で、輸出が同24.4%増だった。

プリウス フィット ジューク アイサイトを搭載するレガシィアウトバック 新型プレマシー デリカD:5 Gプレミアム ワゴンR タント