ウェバー

ベルギーGP(29日)でルイス・ハミルトンにチャンピオンシップ首位の座を奪われたものの、その差わずか3ポイントと初タイトルへ絶好の位置に付けているレッドブルのマーク・ウェバーが、チャンピオンシップについて語る。

とくにチームメイトのセバスチャン・ベッテルとのポイント差が28ポイントと大きく開いただけに、チームは今までと違う作戦を獲らざるを得ないだろうとの見通しを語った。

「マクラーレンはこれまでに何度もチャンピオンシップを制している。レッドブルも数々の栄光を収めてきたけれど、チャンピオンチームのマクラーレンとは違う。これからはどれだけハングリーにタイトル獲得に挑めるかが問われていると思う。まだその段階ではないにせよ、遠くない将来、アプローチ方法を変える時がやってくるんじゃないかな」とウェーバー。

これまでベッテルを重視してきたレッドブルが方向転換し、ウェバーをバックアップすることになるのか、あと6戦の状況次第となっている。

ウェバー