三桜工業は、2010年9月中間期の連結決算の業績見通しを修正した。

米国、アジアを中心に自動車向け部品の受注が予想以上に好調に推移しているほか、グループで取り組んでいる構造改革によるコスト削減効果もあって営業利益は27億円を予想していたが40億円になる見込み。

経常利益は25億円から36億円、当期純利益は14億円から19億円にそれぞれ上方修正した。

売上高は420億円を予想していたが410億円にとどまる見通し。円高の進行で、為替換算で海外売上げが目減りする見込み。

通期業績見通しは、急激な為替変動や鋼材などの原材料価格、エコカー補助金制度終了後の国内需要の販売状況など、不透明感があるため、従来予想を据え置いた。