ユタカ技研は、2011年3月期の通期連結業績見通しを上方修正した。

主に日本とアジアでの受注が当初の想定を上回る見通しとなったため、売上高を1770億円から1810億円に上方修正した。

収益では円高傾向で収益悪化の影響があるものの、売上げ増の効果がカバー、営業利益は78億円を予想していたが87億円となる見通し。経常利益は75億円から84億円に情報修正した。

当期純利益は40億円を予想していたが46億円となる見込み。