スイフト新型

スズキは、3代目となる『スイフト』を発表した。代表取締役会長兼社長の鈴木修氏は先代『スイフト』について、「世界戦略車を作ろうと、日本からデザイナーをヨーロッパに連れて行き作り上げました。その意味で記念すべきクルマでした」と話す。

また、常務役員四輪技術本部副本部長の蓮池利昭氏も「2代目スイフトの開発にあたり、世界の人々の心に響くコンパクトカーを作りたい、そのためにはどうしたらいいだろうという熱い思い。そういった妥協することのないクルマ作りから生まれたクルマでした」と語る。

そして、「軽快なハンドリングとしっかりとした走り、ダイナミックなデザインなどが世界各地で好評で、スズキを代表する世界ブランドとして成長することが出来ました」と先代を高く評価したうえで、新型についても「これまで高い評価を得ていた“走る喜び”とデザインに磨きをかけるとともに、環境性能を向上させました」という。

開発コンセプトは“More SWIFT”。「スイフトらしさと、コンパクトカーとしての基本性能をしっかりと磨き直し、進化させることでスズキの新しいスタンダードコンパクトカーを目指しました。デザインは、ひと目でスイフトとわかるシルエットを洗練させました」。

スイフト新型 スイフト新型 スイフト新型 スイフト先代